カラダの左右差を正す方法

8/30/2018

【神奈川 湘南エリア セミパーソナルトレーニングジム ヘルスライフジムGENKI 織田敦】

 

今回行なうのは《オーバーヘッドスクワット》

 

膝、股関節を曲げる運動

 

 

なぜこの動きをするのかというと、

 

実際直立のままではあまりよくわからない歪みも、

 

 

曲げてみるとその歪んでいる状況がわかりやすくなるものです。

 

 

このメガネのフレームのように。

 

 

 

 

 

一見左右まっすぐに見えるフレームも、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

曲げてみると、、、左のフレームがこれだけズレてます。

 

 

(ちなみにこのメガネの歪みは先日お風呂に入っているスキに2歳になる娘がいたずらで曲げたもの。笑)

 

 

なぜ曲げるとズレるのかというと、「ねじる」という動きに偏りができたときにおこります。

 

 

下半身でいうと骨盤と股関節にそれはあります。

 

 

先日のブログで紹介しましたが、左右の歪みが生じると写真のようになります。

 

 

 

 

 

 

矢印の方向へのチカラの加わりが強くなるため、骨盤の動きも偏り、その調整をはかるようにすべてがズレてきます、

 

 

また膝の横側(内側or外側)に負担がかかりやすくなり、ケガや故障の原因にもなります。

 

 

これを修復していく運動がこちら

 

 

↓↓↓

 

 

 

写真のように小さいボールをはさんでおこないます。

 

 

ボールをしっかり挟むことで外に逃げる力を全てウチに向けます。

 

 

このときに鏡等で、カラダの中心線からズレないように確認しながら行ないます。

 

 

横から見るとこんな感じ。

 

 

 

つま先→ひざ→肩が一直線になるように!!

 

 

これらを注意しながら、

 

 

立って→しゃがんで。。。。を20回×2セット毎日おこなってみましょう!!

 

 

少しずつですが、骨盤、股関節まわりの左右差がなくなってくるのが感じれるはずです。

 

 

※これを行なう注意点

 

 

【腰が痛いと感じたら】

→お腹のチカラが緩んでいませんか?腹筋にチカラを入れたままやってみましょう!

 

 

【ヒザが痛いと感じたら】

→ヒザがつま先よりも前に出ていませんか?またボールをしっかり挟んでいますか?

 

 

これらを行なっても解決しない場合は運動を中止してください。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

ODA

 

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

ビールが焼酎よりも太りやすいってワケ。

1/26/2016

1/6
Please reload

最新記事
Please reload

タグ検索
ソーシャル
  • Instagram Social Icon
  • Facebook Classic

電話:0467-39-6236

住所:神奈川県高座郡寒川町大曲1-15-3