白米?玄米?の意味

2/22/2016

前回の玄米パスタで、「なぜ白いモノがだめなのか、、、、」というところでお話をしましたが、

 

きょうはそんな「お米」の話。

 

 

意外と知らない方が多いのではないかと思ってなんとなく解説。

 

 

まず、稲からお米を取り出すわけですが。。。

 

 

お米を加工する順番は、

 

 

―・―・―・―・―・―・―

 

 

 

玄米

 

 

胚芽米

 

 

白米

 

 

無洗米

 

―・―・―・―・―・―・―

 

 

となります。

 

 

 

これがなにも取り除いてない状態。。つまり「籾」(もみ)とよばれるもの。

 

 

 一番表面の黄色いのが「籾殻」(もみがら)と呼ばれているものです。

 

 

 

そしてその籾殻(もみがら)を取り除いた状態がこれ

 

 

 

 

外側のオレンジの部分が「糠」(ぬか)と呼ばれるものでこの糠までがついている状態が

 

 

みなさんがご存知である「玄米」であります。

 

 

 

さらにその「糠」(ぬか)を取り除いたものがこれ

 

 

 

 外側の茶色い部分が「残留糠」(ざんりゅうぬか)と呼ばれるもので、この状態を

 

 

「胚芽米」と言います。

 

 

そしてこの「残留糠」(ざんりゅうぬか)を取り除いた状態がこれ

 

 

 

 

これがようするにごく一般的な「白米」(はくまい)です。水色の部分は胚芽(はいが)になります。

 

 

胚芽がついているんだから胚芽米じゃん!!、、、て思うかもですが、これが白米です。

 

 

実際にはもうちょっと胚芽が削られてるかな。。。

 

 

そしてこの胚芽(はいが)を完全に取り除いたものがこれ

 

 

 

 

これが「無洗米」(むせんまい)と呼ばれるものであります。

 

 

 

これらのようにお米は四つの形に変身します。。。。まるでフリーザみたい。

 

 

 

こんな風に真っ白にしていったものが、みなさんがよく食べる「お米」であります。

 

 

 

なんとなく「ダイエットには白米より玄米がいい!!」って言われるのが伝わりましたでしょうか??

 

 

 

少しでも参考にしてもらえたらと思います。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

ODA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

ビールが焼酎よりも太りやすいってワケ。

1/26/2016

1/6
Please reload

最新記事
Please reload

タグ検索
ソーシャル
  • Instagram Social Icon
  • Facebook Classic

電話:0467-39-6236

住所:神奈川県高座郡寒川町大曲1-15-3